医学部 臨床医学呼吸器外科学Thoracic Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

医局集合2018

診療では呼吸器系に発生した外科的疾患を担当している。具体的には腫瘍性疾患(肺癌、気管気管支腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、悪性胸膜中皮腫など)、嚢胞性疾患(気胸、肺嚢胞、巨大ブラ、肺気腫など)、外傷性疾患(胸部外傷、肺挫傷、肋骨骨折など)、感染性疾患(膿胸、肺分画症、気管支拡張症など)、胸壁疾患(漏斗胸、鳩胸など)等である。肺癌に対する胸腔鏡を用いた低侵襲の手術を北陸地方で最初に手がけ、高度先端技術を応用した先進医療を目指している。研究では先進呼吸器外科学として大学院を担当し、肺癌や肺傷害の研究、外科的治療方法や機器の研究と開発を行っている。教育では良医を育成すべく学生教育に熱心であり、また日本呼吸器外科学会の認定施設として呼吸器外科専門医の育成と、卒後研修、基礎及び臨床研究を介して研究者マインドの良医育成に努力している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内5721) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-1207 +81-76-286-1207 / Email: thoracsu@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 浦本 秀隆

臨床教授

  • 薄田 勝男

講師

  • 本野 望

助教

  • 関村 敦
  • 船﨑 愛可
  • 岩井 俊

主な研究業績

部門別研究業績

  • Uramoto H. What is the best drug as a front-line treatment for EGFR
    activating mutation? Precision Cancer Medicine 2018;1:1-6
  • Motono N, Funasaki A, Sekimura A, Usuda K, Kawaguchi M, Kawahara N,
    Uramoto H. Dividing the Procedures into Lobectomy and Vertebrectomy for
    Large Lung Cancer Invading the Spine. J Lung Cancer Diagn Treat 2017, 2:4
  • Motono N, Iwai S, Funasaki A, Sekimura A, Usuda K, Uramoto H.
    Low-dose indocyanine green fluorescence-navigated segmentectomy: prospective
    analysis of 20 cases and review of previous reports. J Thorac Dis. 2019;
    11(3):702-707.
  • Usuda K, Funasaki A, Sekimura A, Motono N, Matoba M, Doai M, Yamada
    S, Ueda Y, Uramoto H. FDG-PET/CT and diffusion-weighted imaging for resected
    lung cancer:correlation of maximum standardized uptake value and apparent
    diffusion coefficient value with prognostic factors. Med Oncol. 2018;35(5):66.
  • Usuda K, Iwai S, Funasaki A, Sekimura A, Motono N, Matoba M, Doai M,
    Yamada S,Ueda Y, Uramoto H. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging is
    useful for the response evaluation of chemotherapy and/or radiotherapy to
    recurrent lesions of lung cancer. Transl Oncol. 2019;12(5):699-704.

主な外部研究資金

  • 平成31年度~令和2年度 科学研究費助成事業若手研究
    「スフィンゴリン脂質およびMMPを介する肺癌の治療抵抗性メカニズムの解明」 本野取得(研究代表者)
  • 平成30年度 第32回北國がん基金助成金
    スフィンゴリン脂質および幹細胞を標的とした肺がんの新たな治療戦略:スフィンゴリン脂質の発現・蛋白機能修飾による浸潤・転移機序と肺がんの幹細胞の活性化に関する研究 本野取得(研究代表者)
  • 平成29年度 第24回磁気健康科学研究助成
    MRIによる肺癌・悪性胸膜中皮腫の診断と治療効果判定、およびその分子生物学的病態の解明  薄田取得(研究代表者)
  • 平成29~平成31年 科学研究費補助金基盤研究(C)
    「肺癌術後再発Biomarkerの探索とその臨床応用」浦本取得(研究代表者)
  • 平成28~平成30年 科学研究費補助金基盤研究(C)
    「新しい全身性拡散強調画像と見かけの拡散係数の肺癌診療への応用とその背景病態の解明」薄田取得(研究代表者)